未分類

SUPの漕ぎ方 水をパドルでキャッチするのと体を前に進めるのは同時に行う!

投稿日:

SUPの漕ぎ方で今僕が一番意識していること。

 

パドルで水をキャッチするのと同時に

自分の体を前に進めることです。

 

SUPのスクールをしていると

そもそも自分の体を前に進めようとしていない人。

 

ただパドルを

水の中で動かしてしまう人がかなり多いです。

 

そしてそのパドルの使い方を克服し

体を前に進めようとする意識を持ち出した人。

 

そういう人でも

パドルで水をキャッチするのと

体を前に進めだす動きにタイムラグがある人が多いです。

 

物理的に考えて一番ボードが進むのは

できる限りパドルで水をキャッチした場所の近くまで

自分の体を運ぶことだと思っています。

 

水のキャッチと体を前に進める動きに

タイムラグがあればあるほど

パドルは水の中で動いて自分の体に近づいてしまうので

1漕ぎの進む距離は短くなってしまいます。

 

1漕ぎの距離

1ストロークの距離を最大限に伸ばすためには

パドルで水をキャッチして

水の抵抗を感じた瞬間にはすでに体が前に進みだしていること。

 

ここがすごく大事だと自分は思います。

 

また

キャッチした瞬間に自分の重心を前方に崩せていたら

その重心の崩れを体の進みに活かせるはず。

 

そんなことを考えながら漕いでいる今日このごろ。

 







-未分類

Copyright© 遅れてきたルーキーblog , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。