ウインドサーフィン

アフターが大事です

投稿日:

接待を伴う飲食店とかけて

ウインドサーフィンのプレーニングと説く

 

その心は?

 

どちらもアフターが大事です

 

ど~も

あなっちです

 

というわけで

プレーニングしだした後は

アフターレイキが大事です

 

ウインドサーフィンのボードに対するセイルの位置は

水中側面抵抗中心(CLR)の真上に風圧中心(CE)を合わせるところ

 

CLRはスピードが上がると後ろに下がってくるため

CEも一緒に下げなければいけない

 

 

CLRとCEのずれが大きくなってくると

次第にセイルは引き込めなくなり

ノーズが上がってボードは暴れ出してしまいます

 

この直後

アフターレイキの説明をしたもの

 

  

アフターレイキが決まって

CLRとCEがあっているからしっかり引き込める

 

そしてセイルパワーによってボードのノーズが抑えられ

安定した高速走行が可能になります

 

モデルはAちゃん

 

ちょっとアドバイスしただけで

いきなり再現してしまう能力

 

流石です

 

CLRとCEというと

???となる人は

後ろの足と後ろの手を縦で揃える意識をしてみて下さい

 

CLRは後ろ足の位置のちょっと前

 

ブームを持つところは

CEを中心にして肩幅

 

ここがあっていれば

後ろの足と後ろの手が縦で揃う所にセイルをもってこれば

CLRとCEは自然とあってくるはずです







-ウインドサーフィン

Copyright© 遅れてきたルーキーblog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。