ウインドサーフィン

ウインドサーフィン 走りだすときセイルを閉じすぎがち

投稿日:

ウインドサーフィンあるある言いたい

 

ウインドサーフィンあるある言いたい

 

ウインドサーフィンあるある言いたい

 

走り出すとき

セイルを閉じすぎがち

 

 

ウインドサーフィンは

揚力が最大になるセイル角度で風を流したときに

一番スピードが上がります

 

完全にボードが止まっている時

風の向きが一緒で強さが違う場合

強い風と弱い風

どっちの方がよりセイルを閉じたほうがいいでしょうか?

 

 

答えはどっちも同じです

 

 

ボードが動いている時

風の向きが一緒で強さが違う場合

強い風と弱い風

どっちの方がよりセイルを閉じたほうがいいでしょうか?

 

答えは弱い風の方です

 

ボードが動いている時は「進行風」があり

「真の風」と「進行風」を合わせた「みかけの風」を使っています

 

 

「進行風」が同じであれば

「真の風」が強ければ強いほど

「みかけの風」の風向きは「真の風」に近づくから

揚力が最大になる角度はより開く事になります

 

 

なのにブローが入った瞬間

なぜか待っている時よりもセイルを閉じがち

 

セイルを開いたところが揚力が高まるところなのに

開くどころか閉じてしまうために

セイル角度はかなり閉じすぎになってしまっている

 

セイルを閉じすぎるとボードにはブレーキがかかります

 

セイルを閉じすぎるとボードはラフしようとします

 

プレーニングに入ろうとしてやっているつもりが

真逆の効果をもたらしてしまっているわけです

 

ブローが入って走り出そうとしたとき

ボードが風下に向いていかない人は

閉じすぎがちな可能性が高いです

 

そんな方は気持ちセイルを開いてみてください

 

セイルが軽くなって

一気にスピードが上がる場所が見つかるはずです

 







-ウインドサーフィン

Copyright© 遅れてきたルーキーblog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。