SUP

SUPのパドルを漕ぐためにお辞儀をすると逆効果

投稿日:

パドルを漕ぐためにお辞儀すると逆効果

SUPのパドルを漕ぐときに
上半身でお辞儀をする人をよくみかけます。

腕だけじゃなくて体を使う。

体幹のより大きな力を使うから良い。

そんな風に思われがちですが
お辞儀をすると一漕ぎの進みは悪くなります。

 

 

パドルに体重を乗せる=お辞儀ではない

上の写真
お辞儀してるじゃん
って思うかもしれません。

でもよく見てください。

このときまだ漕ぎ始めです。

パドルを水に入れた直後です。

お辞儀をしながら
パドルに体重を乗せているわけではなく
水を入れる前にお辞儀しています。

 

 

そしてパドルを漕ぎきったとき。

パドルを水に入れたときと
頭の高さがあまり変わっていないところ
注目してください。

パドルを漕ぐのに
全くお辞儀をしていません。

 

水をキャッチしたパドルに
体を寄せていくので
上半身でお辞儀して
パドルに体重をかけて漕ぐなんて
やっていないわけですね。

 

お辞儀をするとパドルから水が溢れる

パドルで水をキャッチするためには
グリップからブレードに向かって
まっすぐ押す力が必要です。

 

 

上の手で前に押したり
下の手を引いたりする。

パドルにテコの原理を使うと
ブレードから水が溢れてしまいます。

お辞儀をするとどうなるか?

腕は上半身ともちろん繋がっていますから
上の手は前に押す
下の手は引くことと
同じ動きになってしまいます。

なのでお辞儀をしてしまうと
ブレードから水が溢れてしまいます。

 

お辞儀をすると進みが悪くなる

お辞儀をすると
パドルのブレードから水が溢れだすということは
パドルが水の中で大きく動きます。

SUPを前に進められるのは
パドルが水に引っかかっているところまで。

水が溢れてパドルの位置が
自分の方に近づいてくるということは
一漕ぎの進みは短くなってしまいます。

 

SUPで速くなるには一漕ぎの進みを伸ばす

速くなるには
一漕ぎの進みをどれだけ伸ばすか。

これにつきます。

パドルから水が溢れないように
しっかりと水を掴み
そこまで体を運ぶこと。

パドルにどれだけ力を込めようが
ブレードから水を溢したら
進みは悪くなります。

 

なのでSUPを漕ぐときに
お辞儀をすると逆効果!

ブレードから水を溢して遅くなります。







-SUP

Copyright© 遅れてきたルーキーblog , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。