SUP

向かい風の中でSUPを漕ぐときに考えていること

投稿日:

向い風の中をSUPで漕ぐとき

僕が気を付けていること。

 

それは1漕ぎ1漕ぎを丁寧にすることです。

 

 

向かい風でやりがちな事は

進みが悪くなってしまうので

ついついパドルにいつも以上に力を込めてしまう事。

 

水を強く押せば

向い風に負けないはず!

 

そう感じてしまっている方が

スクールをやっていると

非常に多いと思います。

 

 

だから水の中で力を込めて

パドルを速く動かそうとしてしまうわけです。

 

そう

パドルを水の中で動かしてしまうのです。

 

SUPが進むのは

パドルで水をしっかりキャッチしておいて

そのパドルのブレードが得た抵抗を利用して

自分の身体を前に進めるからですよね?

 

パドルが自分の方に動いてしまえば

自分の身体を進められる距離も短くなってしまいます。

 

つまり向かい風を意識して

パドルを水の中で動かしてしまう行為は

ボードの進みを悪くしてしまうというわけですね。

 

向かい風の中

1漕ぎ1漕ぎを大切にするとは

パドルに自分の身体を寄せる感覚を

研ぎ澄ますといいますか。

 

向かい風なのでもちろん進みは悪くなります。

 

なので1漕ぎにかかる時間はかかります。

 

でも焦ってパドルに余計な力は込めない。

 

 

1漕ぎで進む時間はかかるけど

進む距離はなるべく変わらないように丁寧に。

 

向かい風の中でSUPを漕ぐときは

僕はそんなことを考えています。







-SUP

Copyright© 遅れてきたルーキーblog , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。