ウインドサーフィン

セイルパワーが一番出ると 閉じすぎたときより軽く感じるのがウインドサーフィンの難しいところ

投稿日:

ウインドサーフィンのセイルパワーは揚力

ウインドサーフィンのセイルパワーは揚力です。

 

 

セイルで風の流れを曲げることで揚力は発生します。

 

 

揚力が正しく出ている時、セイルはただまっすぐ引っ張られているような状態に。

そこにはセイルが開こうとする力も、倒れようとする力も発生しません。

ただただ、CE(風圧中心)がまっすぐ引っ張られます。

 

閉じすぎるとセイルは重たくなる

セイルを閉じすぎるとどうなるのか。

セイルが開こうとする力が発生します。

また、風が流れずにセイルに当たる事で、倒れようとする力も発生します。

その結果、セイルは重たくなって手応えを強く感じます。

体への負担が増えるわけですね!

 

負担が増えるとセイルパワーが上がったと勘違いしてしまいがち

体への負担を大きく感じると、ほとんどの人がそれをセイルパワーと勘違いしてしまいます。

体感ではすごく風の力を感じてしまうわけですね。

1番セイルパワーが出ているところよりも、セイルを閉じすぎた方がすごく風の力を感じてしまうのです。

ここがウインドサーフィンの難しいところ。

頭で原理を理解しても、体感では閉じすぎた方が圧倒的に良く思えてしまうんです。

でも閉じすぎると、ボードの進みにはブレーキをかけ、さらにボードをラフさせる力が働きます。

プレーニングの走り出しで風下にボードが向かない人は、だいたいセイルを閉じすぎています。

気持ちはベアさせてたくても、ボードにはラフの力を加えてしまっているわけですね。

 

最もセイルパワーが出てると閉じすぎよりもセイルは軽くなる

最もセイルパワーが出ている時、セイルを閉じすぎている時よりも軽くなります。

風が流れて揚力が出ている時、セイルは軽く感じてしまいます。

だから閉じすぎの方が、なんだかいい気がしてしまいます。

セイルを閉じすぎかなと心当たりのある方は、気持ちセイルを開き気味にしてみてください。

プレーニングできる風でセイルパワーがちゃんと出せると、ボードが勝手に風下に向かい出します。

そしてしっかり加速します。

自分の体感を信じるのではなく、ボードがどう動くか。

ボードの動きで正しいセイルパワーの感触を探してみてください!

 

ウインドサーフィンって本当に難しいですね!







-ウインドサーフィン

Copyright© 遅れてきたルーキーblog , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。