ウインドサーフィン

ウインドサーフィンで体をボードの外に出す事が大事な件

投稿日:

こちらもプレーニングの走り出しの話

 

スクールをしていて多く感じるのは

セイルパワーに耐えるために

下にしゃがんじゃう人が多いということ

 

 

こちらはちょっと風弱めで

パンピングをしようとした時でしょうか?

 

 

下にしゃがんじゃうとは

こういう形ですね

 

セイルの力は2カ所からボードに伝わります

 

マストの根元のジョイント

 

そして自分の足

 

自分の身体を通って足から伝わる力は

ボードをセイルパワーの方に向かって

外側から横向きに押せるといいと

自分は考えています

 

自分の中では

セイルパワーに対する

つっかえ棒のような感覚です

 

この外側からが大事

 

下にしゃがんでしまうと

ボードの上からになってしまい

ボードの加速に対して

力の伝わり方がロスしてしまう

 

力がロスするという事は

加速が弱くなってしまいますよね

 

 

セイルパワーにしっかり身体を預けて

体をボードの外に出す

 

ハイクアウトですね

 

 

そしてボードの外側から

セイルパワーを伝える

 

その為には下にしゃがむのではなくて

セイルパワーにしっかり乗る

 

 

セイルパワーに乗れることで

ボードから体重も抜けます

 

ボードの沈みが減るわけですから

水の抵抗も減って

こちらも加速力にプラスに働いてくれます

 

走り出しからしっかりセイルに乗ること

 

そこの意識が変われば

走り出しが変わるはずです!

 

ここが変われば

今までプレーニング出来なかった風でも

走り出すことが可能に

 

よりプレーニングを

楽しめるチャンスが増えますね

 

ウインドサーフィンは

やっぱりプレーニングが

気持ち良いですから







-ウインドサーフィン

Copyright© 遅れてきたルーキーblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。